おすすめ足のむくみ改善法について30代40代50代女性にインタビュー

心臓に戻すようにリンパマッサージを行う

足のむくみを改善するのであれば、リンパマッサージが効果的です。足がむくむという事は、足に水分が溜まっている状態ですので、心臓に戻すようにリンパマッサージをします。また、足を高くして寝るという事も効果的です。

そして、食事内容にも気を付けます。塩分の高い食事はむくみやすいですので、控える事と、カリウムを多く含んでいる食材を摂ると水分代謝が良くなりますので足のむくみ改善となります。そして睡眠不足もむくみを引き起こしますので、睡眠はたっぷり取るようにします。

30℃後半のぬるめのお湯に30分ほど浸かったあと、マッサージする

足のむくみの改善にはマッサージがおすすめです。
40℃以下のぬるめのお風呂に30分ほど浸かってしっかり温まってから太ももやふくらはぎ、膝裏などを優しく揉みましょう。
オフィスワークや立ち仕事などの合間に簡単に改善する方法としては、足首を回したり足の指をギュッと握って開いてを繰り返すストレッチが周りの人にも気付かれにくく手軽にできます。
最も大切なのはむくみの原因を作らないことです。
睡眠をよく取り血行を良くして体調を整えて身体を冷やさないこと、きつい下着などで身体を締め付けないことを心掛けましょう。

カリウムが多い食事を心がけ、塩分を極力控える

足のむくみが気になるときは、自分で出来る対策から始めましょう。まず、半身浴。ぬるめのお湯にへそから下だけをつけ、30分~1時間くらいゆったりと過ごします。血流が改善され、むくみに効果的です。また、人間の体液はカリウムとナトリウムがバランスを取っているものです。塩分(塩化ナトリウム)の多い食事をしているとそれが崩れナトリウム過多となり、余分な水分をため込んでむくみの原因となりますので、カリウムを多く含むものを食べ、塩分を控えることで解消が期待できます。

リンパ管マッサージを行う

足のむくみはセルフケアで解決できます。病でない限りは改善も狙えるでしょう。

・冷え症が原因でいらない物や水分が溜まっている可能性があります。
・歩き過ぎても血行が悪くなって、むくみますから注意すべきです。

リンパ管マッサージをすると足のむくみが良くなっていくでしょう。身体を温めながらマッサージすると良いですが、入浴中にやると、汗と老廃物が一緒になって流れでます。また、入浴剤を使うと効果的ですが、炭酸水素ナトリウム入りは血行促進をさせます。

仕事の合間にスクワットやランジなどのストレッチを行う

長時間立ちっぱなしの姿勢、生活習慣、ホルモンバランスの崩れなどによって体内循環が滞るとむくみが出ることがあります。特に重力に従って不要な水分が下がって足のむくみに悩む方は多いです。これを改善するには、時間を決めて動くことです。
仕事の合間にストレッチをする、足をマッサージするなどです。そしてゆっくりとお風呂に浸かって血管やリンパの流れを良くします。
適度な運動を日々継続することも有効です。むくみ改善のサプリメントのサポートを受けるのも良い方法です。

ふくらはぎマッサージで血流改善

足のむくみの改善法として、ふくらはぎマッサージをするといいでしょう。マッサージによって血流の改善にもつながり、足などに関しても代謝や血流などに対して影響を与えます。足がむくむ状態では老廃物などが溜まっている状態のため、少しでもその状態を改善するために、定期的にマッサージを行うように心がけるといいでしょう。
また、立ちっぱなしや座りっぱなしの状態が長時間、続くとむくみやすい原因になるため、仕事など作業の合間に休憩をはさみ、軽くストレッチなどを行うことも効果的です。

肥満予防のために1日30分のウォーキングから始めてみる

足がむくみやすいという方は、水分の摂りすぎに注意しましょう。足のむくみ改善につながります。また、適度な運動をする習慣を身に着けることも重要です。有酸素運動を生活に取り入れ、適度な汗をかき運動することで代謝機能の向上につながります。むくみ対策だけでなく、体の健康や肥満予防にもなるためウォーキングやランニングを習慣化していくことが大切です。仕事などが忙しい場合でも、生活を見直し自分なりに工夫して1日30分からでも運動をする時間をつくるようにしましょう。

エレベーターではなく階段を使うようにする

血液やリンパの流れを良くすることが足のむくみ解消には欠かせません。適度な運動は筋肉をしっかりと動かすことや血流を促すことにも繋がります。エレベーターなどを使用せずに階段を使ったり、一駅歩くなど意識的に脚の運動を心がけます。また、入浴後に簡単にストレッチをするだけでも血流改善に大きな効果があります。また、自分に合った靴を履いて、負担を解消するだけでむくみの解消にも繋がります。その他にも生活習慣の見直しや食生活の改善も意識する事が大切です。

寝転がって自転車こぎのように足を回すストレッチがおすすめ

足のむくみを改善したいのであれば、手軽に出来るストレッチがおすすめです。特に足先がむくむというのであれば、足のストレッチをするのがいいでしょう。やり方は簡単で、寝っ転がって足を自転車こぎのような感じてゆっくりと回していく感じにします。ここで足の筋肉が伸びたり縮んだりしていることを実感するようにします。早く回すのではなく、ゆっくりと動かすようにするのがコツです。筋肉が収縮することで血行が良くなってむくみをとってくれるのです。

水分の取りすぎに気をつけてみる

足のむくみの原因はいくつかありますが、自分で生活状況や時間帯的にどの時間帯にむくみやすいのかチェックすることが大切です。それによってむくみ改善をするための対処法も違いがでるため、原因を把握することが重要です。
基本的に、水分の摂りすぎや代謝機能の低下が原因になることが多いですが、仕事などによってはいすに座る時間が長い、立ち仕事など作業中に原因がある可能性もでてきます。
季節や運動量などによって水分量を調整する、運動をする習慣を身につける、仕事の作業がむくみの原因なら改善策としてストレッチやマッサージを作業の休憩中など定期的に行うなどむくみを防ぐための対策を日々、心がけることが大切です。

アルコールの摂取量に気をつける

寝起きに足のむくみが酷い場合には、水分の摂りすぎや前日にアルコールの摂取量が多いなどいくつか原因が挙げられます。基本的に、水分を摂りすぎには注意する必要があります。水分を摂りすぎてしまうことでむくみやすい状態になるためです。
また、アルコールに関しても多量のアルコール摂取は体にとって負担となりむくみにも少なからず影響がでるため、あまり多量のアルコールを摂取しないようにすることもむくみの改善につながります。水分は適量、アルコールに関しても暴飲しないことにより、寝起きなどの足のむくみ対策、予防になります。

お風呂上がりに足裏とふくらはぎを中心にマッサージ

足のむくみを改善するためには、マッサージが効果的です。ただマッサージを行うのではなくお風呂あがりなど体が適度に温まり、血行がいい状態の時にマッサージをすることが大切です。お風呂に入ることで全身が温まり心身ともにリラックスすることができます。筋肉の緊張などもほぐれマッサージをするには最適な状態といえます。
足のむくみに悩むなら足裏やふくらはぎをマッサージをすることである程度効果がありますが、マッサージをするタイミングとしては、お風呂あがりに行うようにしましょう。

足の甲から順番にマッサージしてみる

足のむくみは血液と共にリンパ液も下方向に溜まり続けている状態であり、心臓のようなポンプが無いので自分の手で上方向に流してあげなければなりません。
そのため、まずは足の甲の親指と人差し指の間を手で下方向から上方向に向かって擦ってあげてください。
ポイントは手を握った状態にして、骨に沿わせるように動かしていくことであり、心地良い痛く感じない程度に力を加えましょう。
その後はふくらはぎに移行し同様に腕を動かした後、最終的には太ももも同様に施術し足のむくみを解消させます。

2時間に一回くらい全身ストレッチを行う

仕事や私生活によって座って作業をする、立って作業をするなど長時間、作業で同じ姿勢を保つことが多い方は、足のむくみの原因となる可能性があります。
普段から、足のむくみが気になる場合には対策として、軽くマッサージやストレッチを行う習慣を身に着けるといいでしょう。
作業の合間に2時間おきくらいに休憩を入れて足のマッサージをしてみることや軽く体を動かすためにストレッチを行うだけでも、体にとってはかなりの違いがでてきます。むくみに関してもマッサージやストレッチによりある程度影響があるため対策として定期的に行うようにしましょう。

委中,三陰交,湧泉3つのツボを重点的にマッサージ

血行不良などを原因とする足のむくみを改善する方法には、ツボ押しがあります。具体的に効果的なツボを挙げると委中と三陰交、湧泉があります。委中は膝の裏のシワの中央にあるツボで、むくみだけでなく腰痛やひざ痛も緩和してくれます三陰交は内くるぶしから指4本分上にいったところの骨と筋肉の際にあり、血行促進に効果的なため足のむくみ改善の効果があります。可能であればお灸を据えるのもおすすめです。湧泉は足の親指の付け根と土踏まずの間にあり、万能のツボといわれています。手の親指を使って、強く指圧すると足のむくみに解消に貢献します。